らぶぱぱっ♪ ≪ストップおやぢ化!≫



「らぶぱぱ」とは私が勝手に作らせてもらった造語です。

簡単に言えば「いつまでも子供・奥さんから愛されるカッコいいお父さん」です。

自分を磨いて子供や奥さんの自慢になるような「らぶぱぱ」になりましょう!

<< June 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ちょっと面白い話

コピペですが、なかなか感心したお話があったので、掲載します。



ある大学でこんな授業があったという。

「クイズの時間だ」

教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。

その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えた。

「本当に?」

そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。

そしてもう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」

学生は答えられない。

一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺はこれでいっぱいになったか?」

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。

教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。
彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」

君たちの人生にとって“大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。

それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。
さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。

もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。

そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。



なんか、はぁ〜って感心しちゃいました(笑)
もっともなことなんだけど、例えがうまいと良い話しに聞こえてしまいます。

まぁも来月で1歳♪

彼の今の大きな岩とは・・・「とりあえずなんでも食する(口に入れる)こと」かな(笑)
comments (0) : trackback (0) : edit

勉強嫌いの人に贈る言葉

勉強嫌いの人に贈る言葉

非常に面白かったエントリです。
是非一読すべし。

らぶぱぱは勉強嫌いじゃなかったですね。

特に数学なんかの、解答への道筋が見えたときのあの爽快感は癖になります。
また、解答への道筋が一本じゃないところ(=色々な解き方がある)というところも数学が好きな大きな要因です。

逆に現代文なんかにおいては小説なんかの主人公の気持ちになって解答していく類は得意でしたが、説明文なんかの問題は苦手でした。友達なんかは「答え書いてあるじゃん。」なんて言ってましたが、私には難しかったのです。

こうやって改めて考えると、答えるまでの過程がいっぱいあるジャンルが好きだったのかなぁ。
答えはどうでもよくて、そこに至るまでを考えることが好きだった人なのかもしれません。

暗記なんかはあんまり好きじゃなかったですしね。
(コツがあったので、それで覚えてました。)

リンク先は例えが面白かったり、なるほどな〜と考えさせられました。

子供達にはどういう教育をしていったらいいんだろうなーなんてぼんやりと考えてはいるのですが、どうしたらいいのかなんて誰にもわかりませんよね…^^;

善悪がわかる素直な子に育ってくれればそれが一番だと思っています。
comments (0) : trackback (0) : edit
1/1