らぶぱぱっ♪ ≪ストップおやぢ化!≫



「らぶぱぱ」とは私が勝手に作らせてもらった造語です。

簡単に言えば「いつまでも子供・奥さんから愛されるカッコいいお父さん」です。

自分を磨いて子供や奥さんの自慢になるような「らぶぱぱ」になりましょう!

<< June 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

たこ焼き旅行♪

とある抽選でUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)のチケットが当たりました!!

大阪には嫁ちゃんと結婚前に行ったきりだったし、嫁ちゃんも「また行きたいねー」って言ってたのもあったので、とっとと宿を予約し、とんとん拍子で行く準備をして、大阪市内の旅行も兼ねて19日〜20日に行ってきました!

子ども達がいたので自由度は低かったですが、それはそれで以前とは違ってとっても楽しい旅行となりました ヘ(゚∀゚*)ノ

準備やら何やらで18日の2時ごろ就寝⇒3時半起床で準備開始(笑)
4時半に家を出発し、眠い目をこすりながら車で東京駅へ。

到着後、初めて見る新幹線になぁもまぁも興奮気味です^^;

新幹線の中で2時間程度睡眠をとり、新大阪着⇒USJへ。

予報では雨だったので子どもたちは長靴だったのですが、すごくいい天気…。
2人ともごめんね (゚Д゚;)

いざ入場してみると…やっぱりネズミの国に比べて人が少ないですね。
ベビーカーを借りて、園内へ。

「どれに乗れるかなー」
と嫁ちゃんと話しながら、パンフレットを見ると…。」


乗り物系の身長規制が多すぎ(苦笑
※身長が1メートルくらい無いと乗れないのが、多いです。


結果、ジョーズ(ともう一つだけ(笑))が乗れるのがわかったので、ジョーズへ。
案の定なぁとまぁは号泣…(つД`)

お土産屋さんのサメのぬいぐるみでまぁをからかったら更に号泣(笑)

「こあい!こぁい!」(怖い!怖い!)って…。

もっと強い子になって欲しいもんですなぁ。
comments (0) : trackback (0) : edit

2010年06月25日 − 乳幼児・子供関連のニュース

※ 情報は鮮度が命ですので、リンク切れはご容赦下さい ※

■日本旅行、上野発「リゾートエクスプレスゆう」のミステリーツアーを発売
電車好きの子どもに影響されて、お母さんが電車好きになっちゃうケースが急増しているそうです…。

■累計100万DL突破した“まねきねこダック”の新CMソングが配信
ムーニーのおむつの曲のほうがいいなぁ。

■キッズ向けのプレイバイク「PW50」2011年モデルについて
キッズ向けとはいえ、バイクは危ないから通常より気をつけないと。

■KNT、赤ちゃん連れ旅行の宿泊プラン、100軒に拡大めざす−新サービスも開始
赤ちゃんと一緒だと何かと大変だからねー。

■2000万個を売り上げた「お絵かきボード」、スリムになって登場
これはお薦め!!♪

せんせい S-02 2カラーせんせい







■閉め切った車内は 50度も〜危険!JAF車内温度測定実験レポート
今年こそ車内放置による悲しい死亡事故が起きないことを願います。

■水泳授業で中1女子おぼれ重体
授業で溺れるって…。しっかり監視しろと言いたい。

■3歳女児、11階から転落死=タイヤなどに登り柵越える?
3歳ともなれば、結構一人でできますからね…。
なぁとまぁが危ないことした時は本気で叱っています。

■待機児童208人減 1680人 県速報値
沖縄だけじゃなく、都内でも同様になるといいんですがね。

■「はやぶさ」地球へ帰還
おかえりなさい!!気体採取できたし、色々期待大ですね♪
comments (0) : trackback (0) : edit

2010年06月15日 − 乳幼児・子供関連のニュース

※ 情報は鮮度が命ですので、リンク切れはご容赦下さい ※

■「赤ちゃん泣きピタマシーン」を本日提供開始
テレビの砂嵐とか、ビニールをくしゃくしゃやるのも効果的と聞いたことが。

■カラー光線で夜道もバッチリ! 発光するLED傘だよ
かっこいい!(笑)

■バックネット倒れ、男児死亡
ご冥福をお祈りいたします。。。

■安全機能ライターを発売
子どもがライターを持てる状況ということ事態が問題なような…。

■企業がここまで力を入れている社内託児所事情
子持ちに優しい社会 GJ!

※番外編
■本田が決めた!日本勝った!
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!   ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ。
comments (0) : trackback (0) : edit

2010年06月09日 − 乳幼児・子供関連のニュース

※ 情報は鮮度が命ですので、リンク切れはご容赦下さい ※

■KNT、タカラトミーと連携し家族旅行の新プラン発売−子ども手当需要見込み
子ども手当ては貯蓄か浪費。景気の為には使われない矛盾。

関連⇒■子ども手当どう使う? 多い貯蓄派、習い事や塾代も

■『家庭医学館 for iPhone』リリース!小学館の家庭用医学事典『ホーム・メディカ 家庭医学館』がiPhoneアプリに
病気については素人がどうこうできませんから、こういうものは重宝しますね。

■4歳男児、指を遊具のチェーンに挟んで切断
無事に戻ればいいんですが…。

■「幸せそうな女児狙った」…東住吉の刺傷容疑者
上手く行かない原因を、「あれが悪い」「これが悪い」と外へ外へ向けた結果。
上手く行かない原因は、内側(つまり自分の中)に求めないといけません。
自分を変革することによって、少しでも上手く行くように努力と工夫を重ねていくような人間になりたいです。

皆様が理不尽な犯罪に巻き込まれないことを願います。

■子供手当ビジネス、生損保で過熱、面白い独立系投信の取り組み
一過性のものですね。
満額支給されないみたいだし、まさサギフェストです。

関連⇒■子ども手当 満額断念「当初から無理」 冷めた反応や批判

■約束守れず 支持離れる
約束を守るのは基本です。
出来ないならごめんなさいと言うのも基本です。
comments (0) : trackback (0) : edit

子供、子ども、こども??

子供手当てのことで調べ物をしていた時のこと。

Google で検索用語を入れると“ほぼ”間違いなく予測用語が表示される。
その機能はかなり優秀で、らぶぱぱも利用させてもらうことも多いのだが、【子供】と入れた時に何も出てこなかった。

あれ??と思ったので、一応【子ども】で入力してみると…普通に予測変換が出てくる。

「何だこれ??」

違和感を感じたので、その後色々調べていくと、昨今【子供】という表現は差別表現として扱われているとのこと。

簡潔に理由をまとめると以下の通り。

1. 【子供】の【供】の字は、【お供】、すなわち子が大人の付随物であると連想させるため。
2. 【子供】の【供】の字は、神に奉げる【供え物】の意味につながるため。
3. 【子供】の【供】は当て字であり漢字に意味はないので、ひらがなにすべきである。
4. 【子供】よりも【子ども】【こども】と表記した方が、ソフトで親しみやすい印象を与える。

これの反論として

1. これは言葉狩りの一例である。
2. 【供】の字の使用は、法律で使うことが禁止されている訳でも、現在の日本社会において一般的には道義的な悪とされているわけでもない。
3. 熟語を漢字とひらがなとの交ぜ書きにすることは、日本語についての美意識に反する(なお、【供】は教育漢字であり、小学6年で習う漢字である)。
4. 【供】は、現代において複数の意が薄れており、【子供】で一つの語となっている(その論拠として、【共】ではなく【供】の字を使っていること、複数の【子】を指すのに【こどもたち】【こどもら】とも表現すること、また、【こどもが一人いる】という表現が成立すること、などが挙げられる)。
5. 【子ども】の【ども】は、罵って【豚ども】【○○人ども】などと言う時の見下した他称表現と重なるので、【子供】よりもむしろ【子ども】の方が差別的になってしまう(【子ども】という表記に問題がないのであれば、こどもが先生に対して【先公ども】と表現することも問題のないことになる)。
6. 当てられている漢字の語義を問題にするなら、【児童】の【童】には【しもべ】【愚か】という意味があるため、【児童】も同様に【児どう】と表現しなければならなくなるなど、現在一般に用いられている様々な漢字表記に支障をきたしてしまう。
7. もし【子供】の【供】の字だけが差別であるのなら、【子供】に代わり古い時代に用いられていた【子共】という表記に戻すことで問題は解決する。

といった議論がなされているようです。(※1)

他にも≪子ども教の信者は目をさましましょう≫≪えっ!「子供」って差別表現だったの!?≫などで議論されているようです。

有名どころだと【貴様】や【役不足】、【確信犯】なんかは本来の意味では無い誤用の方が意味として浸透している為、辞書などに誤用の意味まで載っちゃう時代です。
そんな時代ですし、言葉は生き物(=意味は固定では無い)だと言う人も多いですから、【子ども】、【子供】の議論については不毛な気がします。
いつまでも結論が出ないわけだし、自分が差別だと感じるなら【子ども】。そうでないならどちらを使ってもいいと思います。

そういや、市町村の HP のほとんどは“子ども”手当てって書いてありますね。
その理由がこういう背景だとに気付いてた人って多いのかな。

こういう小さいことに気付くことは個人的に結構重要だと思っています。
日々の小さな気付きを大切にしていくことで、大きな気付きを得られることでしょうから。

※1:Wikipedia(子供) より引用。もっと細かいことも書いてあります。
comments (0) : trackback (0) : edit
1/2 >>